「ばかり食べ」をしていたら健康面にも影響が出てしまう

肌にいい野菜とか果物とか定期的に流行ったりしますけどあたしはそれ程気にかけていません。

何でもよく食べることが良いと思うし、なによりどんだけ美容食と言われているものでも「ばかり食べ」をしていたら健康面にも影響が出て来ます。

健康美容に効果的だとされる食べ物は「食べないよりかは食べたほうが身体に良いですよ」という程度の話なんです。

一日三食そればかり摂っていれば元気になるとかきれいになるなんて考えるのは大間違いです。

そんな完全無欠の食べ物があったらステキですがいつまで経ってもそんな食べ物は出てこないでしょう。

食生活は栄養バランスが肝心です。

栄養が偏っていると体にも悪影響があります。

バランス重視で色んな食材を使い、流行しているものはタイミングがあれば少量を口にするって程度です。

飽きるほど食べなくてもいいのです。

数ヶ月経てばまた次の身体にいい食べ物がブームになります。

こういったブームに振り回されないことが大切ですよ。

30歳代の後半にもなると肌の悩みも増えてきて、ピチピチしていた時みたいにケアする必要もなかった時代も終わりました。

一番わたくしが注意してやっていることは、紫外線防止対策です。

日に焼けると刺激が強すぎて、肌がカサカサになり、このことがシミやソバカス、しわなどを作ってしまうのです。

天気の良い日は言うまでもなく、曇りの日でさえも紫外線は肌に届いているようです。

なので、日差しがキツイ時期の夏のあいだだけじゃなく一年じゅう紫外線を浴びないように気をつけています。

下地やフェイスパウダーも紫外線対策がされているものを意識して使うようにしています。

今では子供も成長して、抱っこやおんぶもしなくなったので外に出る時は帽子に日傘をして徹底的にUV対策をしています。

このあいだ、紫外線防止に効果的なサプリメントがあったので購入し始めました。

体の外からは日焼け止めや日除け、中側はUVカットに効果のあるサプリを飲んでいます。

今後の自分自身の肌に対して後悔することが無いように、今できることはやってみようと心掛けています。

美容ケアと言っても様々あります。

顔、身体、美肌が思い浮かびます。

○○歳はお肌の曲がり角、○○歳はスタイルが崩れ始めるなど、女子にとっては、こういう話が、年齢が上がるにつれ頭の痛い問題になってきます。

美肌術には、顔用美容器機、基礎化粧品など多くのアイテムが幅広く販売され、色々試す女の人も多くいるのではないでしょうか。

からだも、同じように栄養補給剤やダイエット器具に手を出しがちです。

これまで、色々試して、やっと悟った事は、やっぱり「生活が不規則にならないようにすること」です。

「早寝早起き腹八分目」とはよく言ったものです。

毎日、同じ時刻に朝食を食し、昼食、早い時間帯の晩ごはんと続きます。

それと、よく眠ることです。

この習慣がついてから身体が元気になりました。

肌状態もいい感じです。

もっとも重要なのは、晩ごはんのタイミングです。

早いうちにとっておけば就寝するまでに、きちんとエネルギーが消費され、同じ食事でも、体重が増えにくくなります。

美容にこだわるのなら、規則正しい生活を送ることがカギのようです。

私は脇に汗をよくかきます。

リラックスしてる時はわき汗をかくこともないのですが、気が張っている時などは脇汗が凄く出てしまいます。

電話で話をしている時も、そんなに親しくない人だとポタポタと脇から垂れてくるほどたくさん出ます。

大学生の頃にそれが分かったのですが、まだ知らなかった時にグレーの服を着ていた際、友だちから「脇汗すごいよ」なんて指摘されてしまいました。

グレーは汗をかいたときに目立つという事を知らないまま着ていたので、それ以来グレーはやめました。

しかも脇汗が目立たないように白色のTシャツにしてワキの汗が目立たないように注意を払うようになりました。

もうそれからは絶対にキャミソールなんて着ていません。

着てしまうと本当にわき汗が流れ出るのが分かってしまうのです。

水着を着た時とか温泉のときなら気にしなくてもいいのですが、普段は注意して洋服を選ぶようにしています。

こんなにも汗が多くなかったら悩まなくてもいいのでしょうね。

自分は幼い時から汗かきな体質なのです。

夏場などは「何で一人でずぶぬれなの?」と担任の先生に言われる位汗をかいていました。

ワキ汗がいちばん酷かったので、思春期のころは嫌味を言われていました。

吹奏楽でコルネットの奏者だったので、皆で演奏するときは隣の子はわりとクサかったと思います。

あの頃はデオドラント剤なども使っておらず、今思い返すと周囲の人に申し訳ないことをしたと思っています。

今でもわきの発汗が凄いため、仕事で焦ると臭いがするので同僚に感づかれてしまうこともあり辛い思いをしました。

会社に行くときもわき汗が気になって、吊り革を持てません。

スプレータイプ以外にもクリームタイプのデオドラント剤も使いましたが、そんなに効きませんでした。

わき毛を処理すれば脇汗が減らないかなと思ったので除毛したのですが、ニオイの方は減ったけど、毛が汗を吸収しないので、ワキから下に流れていくため凄く不快でした。

多汗症体質を変える事ができないかと只今模索中です。