肌荒れがひどかったのでガラリと生活スタイルを見直してみた

女性でしたら誰だって肌のコンディションにはわりあい、気をつけるはずです。

あたしは元々アトピー性皮膚炎を患っているので、とくに肌の状態に関しては注意しています。

ここ最近、「肌がすごくキレイになった」と言われることが多いのですが、いちばん注意していることは寝ることです。

近頃よく夜の10時から午前2時の間に寝ていることが理想と言われます。

以前は真夜中過ぎてもパソコンを見ていたり、DVDを観たりと夜型の生活をしていましたが、肌荒れがひどかったので、がらりと生活スタイルを見直してみました。

大きく切り替えたことは睡眠関係です。

夜の11時くらいには眠るようにし、たっぷりと7時間ほど眠るようにしました。

こうしたらすごく効果があって、肌は痒くなくなるし、風呂から上がるとボディローションをたっぷり塗るのでずっと肌が潤っているかんじです。

それに、顔のニキビやしみも落ち着いて、朝、目覚めた時も気分がさわやかな状態です。

良いことばかりなので、睡眠は少なくとも7時間、真夜中まで起きていないという生活を続けているところです。

お肌の状態が良いと精神的にも良い刺激になって、毎日気分も明るくなれます。

なぜかUVカットクリームと相性がイマイチで、塗ると赤いブツブツができたりかゆみを生じます。

どの日やけ止めを使っても変わらないので、結局のところ塗らないにつきるということです。

ですが、日やけ止めを塗らずに外に出る勇気などありません。

だから日が沈んだ以降の外出スタイルの生活に変えてみました。

どうしても時間を要する外出は別ですが、今ではかなりのお店が夜の8時や9時まで開いているので何とかできます。

食料品スーパーは24時間営業があるので全く問題ないです。

この拘りのお蔭で、UVケア用品は言うまでもなくメイクも必要な部分だけで肌トラブルがかなり減りました。

それは肌に触れただけで感じられるし、鏡で見ても納得。

わたくしには、周りと同じように日焼け止めを塗ったり化粧をすることはものすごく難しいことなのだとわかりました。

詳しく言いますと、ベタベタ塗ることがなくなったのでメイクを落とした時の中途半端な感じが無くなり、くすみはほぼありません。

ですから肌の色艶が随分よくなりました。

そのためファンデーションを塗らないでも、ポイントメイクだけで自然なかんじの見た目になりました。

やっぱり紫外線っていろいろな点で影響を与えるんだなと身にしみて感じます。

「美容」と一括りにしても素肌から始まり姿形の事まで様々ですね。

みなトラブルのない皮膚で華奢な体つきであることを望んでいるとおもいます。

ですがその目標はファッション誌などで見かける女優やモデルさんなどを目安にしている気がします。

とりわけ若い世代の女の子は服装も含め、マスコミに出て来る痩せいる女の子たちに寄せて行きたいという感じだとおもいます。

だけど加齢に従い現実がリアリティも持ってやってくるのです。

その後は目指す人物も姿を消し、ある意味断念してしまい、全く全身美容にもかまわなくなることさえあります。

私も余り美容意識が高くない性質です。

ただ理想像はなくとも許されない容姿は明確でして私なりの希望はあるのです。

年をくうにつれて崩れがちな体型をそこそこスッキリさせておくことで「おばさんボディにならない」という考え方です。

けっしてパーフェクトボディではないですが、たえず慣習的にストレッチやとにかくうごくよう肝に銘じております。

そして毎食なるべく野菜豊富なメニューを食し、いつもではありませんがワインを一杯やることもあります。

少々太ったなと感じた時には普段よりもまめに体を動かしたり、おやつは控えたりするように頑張ります、ちょっとの間ですけど。

全体的にはありきたりな事しか実施していませんが、普段から気軽に行えることで「許せないボディ」にはなってないみたいです。