気付かぬうちに臭さを振りまいて生活していることも

カラダの匂いは自分自身ではよく分からないですよね。

自身でも臭いと思うような臭いがあれば、それは相当臭いと思います。

臭っていてもそれを伝えてくれる人はあまりいないので、気付かぬうちに臭さを振りまいて生活していることもあります。

そのような状態になったら、防臭対策をしなければなりません。

一方で、ほとんど体臭がないのに自分は臭いと思い込んでいる事もあります。

このようなタイプの人は、「香水」なんかを過剰に使って返って周囲を不快にさせていることも結構あります。

身体のニオイだけでなく周囲に不快感を与える匂いには誰だって鋭く反応してしまいますが、意識をしなさすぎてもダメですし、意識しすぎることも結果的に「香害」になりうるのが一番の問題点かもしれません。

本人では気付きにくい「におい」で、周囲からも忠告されにくいものなので問題が大きくなってしまうことがあります。

体臭を認識する為にいちばん手軽な方法は身内の人など信頼をおけるような人に聞いてみるのが良いですね。

この間、女友達と外出した際に分かったことなのですが、すっごい美人の子のワキから例えようのない鼻につきささる臭いがしたんです。

その時は、その友人からではなくまわりの子から臭っているのかと思いましたが、友だちが電車でつり革につかまったときに、やっとその臭いの出処はお友達のワキからだと気が付きました。

超美人なのに、わきの臭いがあるのかと驚いたのですが、たとえお友達でも、「わきが持っているの?」なんて聞けませんでした。

それに、違う日には、主人が仕事をして帰ってきた時のこと。

ちゃんと乾いていない雑巾の臭いが部屋中にたちこめていました。

何処でニオイが出ているのか分からなくて、臭いの原因を探ってみると、主人の靴下から思わず鼻を摘みたくなるような異臭を放っていたのです。

きっと、前日の雨で靴が湿ったまま、翌日その靴を履いて会社に行ったので、クツの中の菌が増殖して匂ったのではないでしょうか。

お友だちと夫のニオイはまわりの人たちも気づくほど臭っているのに、本人は全然知らないようです。

もしかして、その臭いの中にいると、嗅覚がおかしくなるのかもしれないです。

そうやって考えたら、自分は匂わないのか心配になってしまいました。

私が持っている汗の悩み事というのは、体の部分ごとに大変発汗する量が異なるのです。

一例をあげると、暑い夏の汗。

兄弟は背中や顔面からダラダラ汗をかいてしまいますが、同じ環境で過ごしていても、自分は腕はまったく汗をかかず、首や両脇にはそれなりに汗をかいてしまいます。

こうなるとホントに気持ちが悪いのです。

とくに、私以外の方も同じなのでしょうが、ワキの箇所には汗が出てほしくないところです。

オデコもほぼ汗が目立たないからなのか、同じ運動をしたとしても「ちゃんと運動してる?」と怪しいまなざしで見られるのです。

そんな風に思われると、ちょっと気分が悪いですよね。

脇とかうなじに汗が出てくる私は、汗臭を不安に思うのです。

そのため、輸入品の大きいサイズで、かつ日本では手に入れられないフレグランスを面白半分でスマホのアプリでお取り寄せしてみました。

それから、柿渋石鹸も有効みたいです。

近頃はドラッグストアなどで売られています。

汗かきさんにとっても色々なかおりの選択の幅があるので、ありがたいなと感じています。

私の汗の悩みはワキ汗をすぐにかいてしまうことです。

一年中、少しでも暑いと思うとすぐにわき汗が出てくるのです。

汗が出ると不快になる為、着替えたいと思うのですが、いつでもできる訳ではないためそれも悩みになっています。

夏は気温が高いので、汗が付いた洋服を放置しておいたら、臭いがするようになってしまいます。

汗がクサイという訳じゃなくて、汗がついてしまった服が臭いのです。

幸運なことに、私の仕事は接客業ではないので、神経質になるほど汗対策をしていません。

けれども日々の暮らしで、誰かとコミュニケーションを取る時に、汗が臭うことが原因で嫌われたりしないように勤めています。

夏場はみんなが汗をかいているので、仕方がない場面もたくさんあります。

自分自身は誰よりもニオイを感じやすい為、自分自身の汗だけでなく、傍にいる人の汗臭も気になってしまうのです。

もしも臭うようなことは無くても、汗だくの状態でショッピングを楽しんでいる人がいたら、不快な気分になります。

私自身はそうしないように、汗対策はきちんとしていきたいです。