メイクのクレンジングは必ずジェルクタイプの化粧落としで落とす

私がお肌の為に注意をしている洗顔の方法は、初めにメイクのクレンジングは必ずジェルクタイプの化粧落としで落とすことです。

ちょっと前まではクレンジングミルクや、オイルを使っていたのですが、オイル感が顔に残ってしまいがちでにきびも出来るようになってしまいジェル状のクレンジングを使う様にしました。

きちんと化粧となじませるようにした後、水に近いぬるいお湯で軽く洗い落とします。

その後洗顔料は、適量を手に置き、気長にコツコツと弾力が出るまで泡立たせます。

しっかりと泡立てる事によりアワで覆うだけで洗顔が出来て隅々まで汚れを取り除くことができます。

酷く汚れていると思う箇所はなでるように洗って汚れを落とします。

アワを顔にのせただけでよごれはしっかり落ちるので、強く擦り洗いをするのは良くないでしょう。

そして再度、水より少し温かいお湯でくまなく泡を洗い流します。

その後タオルで軽く押さえる程度に水分をふき取って、時間を置かずに肌ケアをすれば美肌を維持することができます。

身体が老化すると見た目を損なう。

そんな事は、常識的な事だと思います。

そこで私もマネしました。

お肌の衰退時期なんて既に過ぎ去りましたが、すこしでもましな状態でいたいと思ったからです。

そんな訳で、最初は調味料として普通の砂糖を使わないようにしています。

甘味料やお酒を利用しています。

これで食事についてはなんとかなるのですけど、問題なのは間食です。

頭の疲労感は甘い物を摂取して癒すと思い込んでいる為、減らす事は難しいです。

一仕事終えた後のおやつってどうして美味しく感じるのかしらね?けれども、女は見た目。

理性が働いてくれて「お肌の衰退が怖くないの?」とつぶやいてくれるので、ギリギリのところで抑えられているのです。

一所懸命になり過ぎて過大評価しているのは否定しませんが、脱砂糖生活をする事約1年。

以前ほどは砂糖に憑りつかれた毎日ではなくなりました。

あと、わたしはお肌よりも髪の毛が良くなってきました。

ハリのある髪を鏡で見ると、「努力の結晶」と感じます。

自分が毎日、美容のために気を配っているの事はUVカットです。

紫外線に当たると、「しみ」などの発生率が高まります。

そのためできる限り、日焼けしないようにいつも気を配っています。

ワタシのメインの対策としては、年中無休で日やけ防止剤を利用する事です。

季節にあわせてSPF値が違うものを使用していますが、秋冬でも絶対に日焼け止めが入った化粧下地などを使用しています。

あと一番紫外線ダメージを避けたい春~夏の間は、色んな紫外線ケアを実施します。

お出かけのさいには忘れずに、UVカット傘かUVケア帽子か、UVカットパーカーなどを着用しています。

最後に、美白効果や日焼け対策になる食材をたっぷりとり入れるようにしています。

リコピン含有量が多いプチトマトなどは、成る丈毎日食べるようにしています。

とりわけ「トマト」は熱を加えるとリコピンが増加するので、煮込んだりして摂取するようにしています。

緑の野菜は美白効果があるらしいので、パセリなどたっぷり食すようにしています。

それから、ビターチョコレートや素焼きアーモンドも美白に効果的なので、おやつとしてつまんでいます。

UVカット対策は面倒な時もありますが、こういったケアは習慣的に行っていかないと役に立ちません。

後の祭りとならないように、シミがないうちから日焼け対策をしっかりすることが望ましいですね。